ア・ソッカは、「あっと驚く素敵な答え=“a-Socca!”」で、エコで素敵なビジネスをデザインします。

NEWS&COLUMN

Column[Creative Work#58] ;暗闇の中で前に進む

2019/11/15

今までのやり方が通用しない

長年停滞している事業部の再構築の検討を、某メーカーと行った。
「もの作り」を自負している企業らしく、「良いモノ」を作っている。少しコスト高だが。
議論を進めると、顧客とのコミュニケーションが圧倒的に不足しており、
販路での工夫、広告、営業のやり方が課題であることが明らかになった。

 

変えるリスクと変えないリスク

しかし、中々変えることが出来ない。
今までのやり方にも、それなりの理由があり、良い所もあるからだ。
何かを始める時、何かを辞めないといけない。
辞めてしまって、本当に大丈夫なのだろうか?、
新しいやり方は本当にうまく行くのだろうか?という不安がよぎる。

 

暗闇で前に進むように

私たちは、一寸先は真っ暗な中にいるようなものだ。
今まで通りやる方が、少しだけ先まで薄明かりがあるだけで、後は真っ暗だ。

そんな中で、0−1で決断し、突っ走ることが出来るだろうか?
暗闇で前に進もうとする時、私たちはどうするだろうか?
手探り、足探りで、ゆっくりと安全を確認しながら、前に進むはずだ。
暫くすると少しずつ、目が慣れてきて、少しずつ早く前に進めるようになる。

そういう風に進めるのが良い。

 

人は変えることを避ける癖がある

自分の癖を知っておきたい。多くの人は、変えることを避ける傾向がある。
だから、敢えて、思い切って変えてみることを薦める。
思い切ってやってみても、怖々、ゆっくりと変えている程度だから。

以上