ア・ソッカは、「あっと驚く素敵な答え=“a-Socca!”」で、エコで素敵なビジネスをデザインします。

NEWS&COLUMN

コラム【クリエイティブ・ワーク#29】;大事なものを見失わない

2018/03/01

息子の受験勉強が終わった。
会議後の会食でそんな話をしたら、「受験のための塾代に10万円以上/月かけている人が結構いる」とか、「受験テクニックは徹底的に学んで難関大学には入れたが、周りに全然ついて行けない人が年数人いる」という話しになった。

彼らは何のために、受験勉強をしていたのだろうか?
受験勉強は、その目的を達成するための手段の一つのはずなのに。
他にもっと大事なものはなかっただろうか?
それだけにフォーカスすべき目標だったのだろうか?

同じことが企業でも起きている。

しかし、大事なものを、誰もが納得するように説明するのは難しい。

かといって、分かりやすい目標だけに邁進してしまうと、安易に説明がつくことばかりやっていると、気が付くと道を誤るか、袋小路に入ってしまう。

残念ながら、戦後、欧米のキャッチアップで成長してこれた日本企業の多くが、利益という結果が見えるものを追いかけるのが得意で、今もって失われた20年から脱却できていない。

だから、私たちは流されてはいけない。
私たち一人一人が、例え、「捨て石」となっても、踏ん張らないといけない。

以上