ア・ソッカは、「あっと驚く素敵な答え=“a-Socca!”」で、エコで素敵なビジネスをデザインします。

NEWS&COLUMN

講義:大阪大学大学院(BE専攻)で授業(2020.12.14)

2020/12/15

今年で12年目となる、大阪大学大学院 工学研究科 ビジネス・エンジニアリング専攻の修士1年生を対象とした演習&授業「テクノロジー・デザイン論」での講義を12月14日(月)に行いました。

今年はコロナの影響も懸念されたため、初めて対面とオンラインのハイブリッド型での講義としました。

今回は、「自分の大好きなことと係わりながら地域貢献につながるビジネスを考える」というお題で検討をして貰いました。

で、毎年のことながら、私自身多くの学びを頂きました。
・「どのくらい好きなのか」を相手に伝えようとするのは難しい。好きな理由を説明している人が多かった。
・フレームを用いて思考するとモレなくダブりなしだが、そこに収まらないアイデアや思いがモレ落ちてしまう。
・好きなことを語っている時、人はイキイキする(今年は、全体的にとても楽しそうだった)
・音楽が出来る人に畏怖の思いを持っている私は音楽、芸術が出来る
 人をそれだけで勝手に凄いと思ってしまう(情報受け手のバイアス)
・言葉で語れないことが語れたとき、伝わったとき、感動がある

アンケート結果を見ると、受講生の満足度もかなり高かったようでホッとしております。