ア・ソッカは、「あっと驚く素敵な答え=“a-Socca!”」で、エコで素敵なビジネスをデザインします。

ABOUT

ご挨拶(次の10年、2025年に向けての思い)

はじめまして、ア・ソッカの中村信夫です。

ア・ソッカは、「エネルギー」「廃棄物・リサイクル」などの環境分野で新規事業創出を行う会社(Eco Value co-Creator)として、2005年4月に創業しました。
早いもので、2015年4月に10周年を迎えることができました。創業企業の廃業率が、概ね1年以内30~40%、10年以内80%と言われている中、10年間事業を継続できたのも、ひとえに、ア・ソッカが掲げるミッション(使命)に共感して頂いた、数多くのお客様や仲間からの暖かいご協力、ご指導のお陰と、深く深く感謝しております。

<ア・ソッカ ミッション(使命)>
「お客様に“a-Socca(あ・そっか!)”を提供し、
お客様とともに彩りのある、活き活きとした活動をつくりだします。
そして、その活動を通して、人々が心豊かに暮らせる社会づくりに貢献します。」

このたび、次の10年の更なる飛躍を誓い、ロゴマークを刷新しました。これまでの10年間で培った経験、智慧を基にした「考える力」と「豊かな人間性」を最大の武器にして、より一層鮮やかな、“a-Socca(あ・そっか!)”=astounding answer(あっと驚く素敵な答え)を提供できるようにとの思いを新しいロゴマークに込めました。
事業としては、
①経済価値と環境価値をともに増大させるビジネスモデルへの転換
②日本の環境技術システムの新興国への展開
③CSV(Creating Shared Value)を目指すベンチャーの発掘・育成
の3つを柱として位置づけ、更に数多くの、そしてより鮮やかな「人々が心豊かに暮らせる社会作りに貢献する、彩りのある、活き活きとした活動」を積み重ねてまいります。

これまで以上に、全力で考働してまいりますので、今後のア・ソッカにどうぞご期待ください。

2015年8月
代表取締役社長 中村 信夫

代表者の経歴

大阪大学大学院 工学研究科 環境工学専攻修了後、(株)三菱総合研究所に入社。環境ビジネス振興、廃棄物リサイクルの将来予測、廃棄物リサイクルに係わる制度の設計などに携わる。
その後、経営コンサルティング会社、ベンチャー企業社長代行などを経て、2005年4月に(株)ア・ソッカを設立、代表取締役に就任し、現在に至る。
2013年3月に、大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻にて、「エコビジネス・デザイン方法論の提案」で学位(Ph.D)を取得。現在は、同職の他、大阪大学大学院 工学研究科 ビジネスエンジニアリング専攻 招聘准教授、(独)中小企業基盤整備機構 経営支援アドバイザーなど幅広く活動を行なっている。