ア・ソッカは、「あっと驚く素敵な答え=“a-Socca!”」で、エコで素敵なビジネスをデザインします。

NEWS&COLUMN

コラム【クリエイティブ・ワーク#69】;新しい「反射」を身に付ける

2020/06/01

よく考えろ!と言われるが 「よく考えろ!」ちょっとしたことに気が付かず、ミスを犯してしまい、上司から叱られた経験は、一度や二度のみならず、必ずあるのではないでしょうか。 私たちは、1日に35,000回位判断しているそうです(ネットの情報なので、正確かは不明ですが)。その都度、本当に「よく考えていたら

more...

コラム【クリエイティブ・ワーク#68】;アフターコロナというけれど

2020/05/15

アフター・コロナ 「コロナ後、社会は大きく変わる(かもしれない)」そんなシナリオを語る人が増えています。ネットで「アフターコロナ」で検索すると56百万件もヒットしました。日本経済新聞が「アフターコロナを考える」Zoomイベントを開催したりしています。まさに、「アフターコロナ」がバズワードになりつつあ

more...

コラム【クリエイティブ・ワーク#67】;生産性を高める『無駄』

2020/05/01

「生産性」は、以下の式で定義できる。 生産性  = 価値 ÷ 投入する資源の量  ・・・・・・式1) 「利益」には、次の利益関数があります。 利益 ≒ 投入する経営資源の量 ×f(投入する経営資源の質,経営資源の質と戦略との適合性,戦略との外部環境との適合性,運)・・・・・・式2) 「価値」≒「利益

more...

コラム【クリエイティブ・ワーク#66】;『絶対』は絶対ない

2020/04/01

頻発する「未曾有」「想定外」 4月1日は入社式や入学式など新たな門出を祝うニュースが溢れる日です。例年なら。今年は様相が違います。世界中にコロナウィルスの猛威が吹き荒れ、社会には行動を制約される不満と、前が見えない不安が覆っています。 2019新型コロナウィルスの世界的な感染拡大とその社会への影響は

more...

コラム【クリエイティブ・ワーク#65】;「働く」と「仕事」

2020/03/15

「仕事」の目的と「働く」目的 「仕事」とは何か?「『コト(事)』に『仕える』」ことです。そして、『コト(事)』とは、所属する会社や組織が掲げる目的であり、一番上位は、企業理念などで掲げられている『使命(ミッション)』です。「仕事」の目的は、常に組織から、自分の外から与えられます。 逆に、「働く」目的

more...

Column[Creative Work#64] ;資本主義の新しいカタチ

2020/03/01

資本主義の限界を唱えられ始めた ジョセフ・E・スティグリッツ,“The Price of Inequality ”(2013年4月)、マイケル・サンデル,“What Money Can’t Buy: The Moral Limits of Markets”(2013年5月)、ヘンリー・ミ

more...

Column[Creative Work#63] ;もう一人の自分と対話する

2020/02/15
直感力

もう一人の自分の囁き 何かモヤモヤする。説明は付かないが、何となく違う感じがする。 説明は上手く出来ないが、こうすべきだと思う。 こんな、もう一人の自分の囁きを聞いてしまったことはないでしょうか?私が、会社を辞め、今の会社を立ち上げようとしたのも、そんな囁きからでした。   声の大きい本来

more...

Column[Creative Work#62] ;耳障り良い言葉に流されない

2020/02/01

誰もが異論を挟めない耳障り良い言葉 「何かA.I.を活用した提案をしてもらえない?」そう顧客から言われて、困っていると言う相談を受けました。A.I.という冠が付けば、世の中的にも、社内でも通りやすいからです。顧客担当者の仕事のアリバイづくりです。 しかし、同じようなことが繰り返されています。古くから

more...

Column[Creative Work#61] ;『考える』を考える

2020/01/15

私たちは、本当に自分で『考える』ができているのだろうか? 「人口知能やロボットによる代替が進み、世界の労働者の3割にあたる最大8億人の仕事が失われる」というマッキンゼーの試算が、2020年1月3日付け日本経済新聞で紹介されていました。A.I.が実装されていくこれからの時代、人間らしい、自分で『考える

more...